愛犬に適切なフードを選んで与えよう

穀物不使用のドッグフードとは

ドッグフードは日々進化しており、様々な種類のものが作られています。
中でも穀物不使用のドッグフードは、近年人気があるフードの一つです。
では穀物不使用のドッグフードの特徴をみていきましょう。

1.穀物不使用のドッグフードのメリット

穀物不使用のドッグフードは、玄米やトウモロコシ、米などを一切使っていないフードです。
グレインフリー、穀物フリーともよばれます。
穀物不使用のドッグフードのメリットは主に3つあります。

(1)消化吸収が良い

犬の体は肉類の消化は得意ですが、穀物や野菜の消化が苦手な構造をしています。
そのため穀物の摂取が少なければ、それだけ犬の胃腸に負担がかかりにくくなります。
特に穀物の代わりに肉類の含有量を多くしているフードなら、有効な成分をたくさん摂取することができます。

(2)穀物アレルギーでも安心

穀物アレルギーを持つ犬は少なくありません。
中でも、小麦とトウモロコシはアレルギーが出やすい食べ物として知られています。
穀物不使用のドッグフードなら、穀物アレルギーのある犬でも安心して食べることができます。

(3)肥満予防

穀物を摂取しすぎると肥満になる恐れがあります。
穀物に含まれる糖分が体内に溜まってしまい、肥満の原因になるのです。

2.穀物不使用のドッグフードのデメリット

犬の体に理想的な穀物不使用のドッグフードですが、デメリットもチェックしておきましょう。

(1)値段が高い

比較的コストの低い小麦やトウモロコシを使わない分、肉類などの配合が高くなります。
その結果値段が高くなります。

(2)別のアレルギーの可能性もある

穀物不使用のドッグフードには、穀物の代わりにジャガイモや大豆製品を使っているものがあります。
ジャガイモや大豆もアレルギー物質として知られているので、アレルギー体質の犬は注意が必要です。
近年では代替えとしてココナッツやタピオカ粉を使用しているものもあるので、原材料はよくチェックしましょう。

3.穀物不使用のドッグフードの選び方

穀物不使用のドッグフードは、一般のペットショップよりもインターネットの方が多くの種類から選ぶことができます。
また、穀物フリーのドッグフードには海外製のものが多いです。
犬の飼育方法や食生活が異なるところで作られているので、犬によっては合わない可能性もあります。
最初は小さめのパッケージかお試しサイズから試してみて下さい。

穀物不使用のドッグフードは、犬の体にとって良い面がたくさんあります。
しかし全ての犬に合うわけではないので、ドッグフードを変えた時には愛犬の様子をよくみておきましょう。

ページのトップへ戻る