愛犬に適切なフードを選んで与えよう

おすすめの関節ケアサプリフード

犬は、関節炎を起こしやすい生き物です。
先天的、後天的な理由の違いはありますが、全ての犬に起こる可能性があります。
そこで、犬の関節をサポートするのにおすすめの成分や、サプリフードの選び方をご紹介します。

1.犬の関節ケアに効果的な成分

犬も人間と同じように関節炎になりますし、加齢と共に足腰が弱くなります。
関節のトラブル予防には、やはり人間と同じ成分が有効といわれています。
代表的な成分は以下の通りです。

グルコサミン

すり減ってしまった軟骨を再生する働きがあり、関節を柔軟にする効果があるといわれています。
カニなど甲殻類のエキスで作られています。

コンドロイチン

関節の水分量を高める働きがあり、関節痛を和らげ、動きやすい関節作りをサポートするといわれています。
サメのヒレなどの軟骨を使っています。

コラーゲン

コラーゲンには複数の種類があり、関節に効くのはⅡ型コラーゲンです。
関節のスムーズな動きを助ける働きがあります。
サケ、豚、鶏の軟骨などから作られます。

2.サプリフードはどのタイプを選べばいい?

(1)形状

犬用のサプリフードには様々な形状のものがあります。
ドッグフードに混ぜ込んであるもの、ふりかけのように使える粉末タイプ、おやつ感覚で与えられるタイプ、顆粒タイプなどです。
効果の違いは特にありませんので、使いやすいものを選ぶと良いでしょう。
いろいろ試してみるのも楽しいですね。

(2)人間用を与えてもいい?

また、効能が同じであるなら人間用のサプリメントを犬に与えられるのではないかとも思えます。
実際、人と犬が併用できるサプリもあります。
しかし成分によっては、併用は避けた方が良い場合もあります。
たとえばグルコサミンの元になる甲殻類は、犬によってはアレルギー反応が出ることもあります。
コラーゲンに含まれるキシリトールなども犬には良くはありません。
また、人間と犬では効果的な分量も異なります。
犬用のものが安心ではありますが、もし人間用のものを使うのであれば、原材料と使用量に注意して下さい。

3.サプリフードって効果はある?

サプリドッグフードは薬とは違い、関節の形成や働きを助ける成分を多く含む食品です。
そのため即効性や治癒力があるというわけではありません。
症状の改善を感じるには、最低3ヶ月は続ける必要があるといわれています。
同様に副作用もありませんが、中には食べ物アレルギーを発症することもありますので、健康状態は常にチェックしておきましょう。

また、サプリフードと同時に、適度な運動と足のマッサージを行うことで、より関節強化の効果がアップするといわれています。
せっかくサプリフードを使うのであれば、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

犬の関節ケア用のサプリドッグフードは数多くのものが作られています。
関節症は、生活環境や遺伝によって若くても発症します。
普段から食生活でケアしておくことは予防のひとつになるでしょう。

ページのトップへ戻る