愛犬に適切なフードを選んで与えよう

ドッグフードに混ぜた薬を残す

固形の薬をドッグフードに混ぜて与えると、薬だけ無傷で残っていたりします。
犬の賢さに舌を巻きつつも、やはり薬を飲んでもらえないと困ってしまいますよね。
そこで、ドッグフードに混ぜてうまく薬を飲ませる方法をご紹介します。

1.本来の薬の飲ませ方は?

本来の犬への錠剤薬の飲ませ方をご存知でしょうか。

(1)上あごを持って口を開く
(2)口の奥の方、舌の付け根あたりに薬を置く
(3)口を閉じ、鼻を上に向けてノドをさする

このように飲ませると薬の効果が高まるので理想的といわれます。
ところがやったことのある方なら体得済みと思いますが、このやり方は素人には難しく、飲ませたと思って手を離すと口から薬がポロリとこぼれ出たりするのです。

犬はとても鼻がきく動物なので、薬の匂いには敏感に反応します。
慣れないものは危険と察知しますので、当然薬を避けようとします。
さらに、犬にとってマズル(口まわり)を押さえるのは嫌な行為です。
薬を飲ませようと思っても、本能的に逃れようとするのです。

2.飲ませやすいやり方で飲ませよう

そこで無理やり飲ますのではなく、上手に飲ませることにポイントを置きましょう。
薬には錠剤、カプセル、粉末などさまざまな形状がありますが、それぞれ効能を考えて処方されているので、原則としてその形をキープするようにしましょう。
粒が大きすぎてどうしても飲ませられないなどの場合は、必ず処方した医師に相談するようにして下さい。

もっともやりやすいのは、ドッグフードに混ぜることです。
それも普通のフードではなく、できれば匂いの強いものや愛犬の好物が適しています。
おすすめは、チーズや肉、パンです。
特にチーズは包みやすいし匂いも強いので成功率が高いです。

与え方1

最初は何も入っていないオヤツを与え、何回目かに薬をくるんだものを与えます。
その後に念のためもう一度何も入っていないオヤツを与えます。
あくまでオヤツの時間という雰囲気を作ることが重要です。

与え方2

遊びを交えて与えると、犬が気付かないままに飲ませることができます。
放り投げたオヤツをキャッチできる犬なら、普通のオヤツに交えて薬入りのオヤツを投げて下さい。
噛まずに勢いで飲み込むことが多いので、やりやすいですよ。

与え方3

缶詰フードや手作りのフードに混ぜるのもおすすめです。
形状や香りをごまかせるので、知らず知らずのうちに食べてしまえます。

犬に薬を飲ませることは、大変ですよね。
本当は喉元に落として飲ませる方法ができればいいのですが、たとえできなくても、全く飲ませないよりは少しでも飲ませられる方が良いのです。
愛犬の健康のためにも、人にも犬にも負担のない方法を見つけていきましょう。

ページのトップへ戻る