愛犬に適切なフードを選んで与えよう

ドッグフードのAAFCO基準とは

ドッグフードのパッケージで「AAFCO基準を満たしています」との表示を見かけることがあります。
一見、安心できそうな印象がありますが、実際はどのような意味があるのでしょうか。
あまり知る機会のない、AAFCO基準についてご紹介します。

1.AAFCOとは?

AAFCO (Association of America Feed Control Officials)とは、「全米飼料検査官協会」のことで、通称アフコと呼ばれます。
ペットフードの栄養基準やラベル表示のガイドラインを定めているアメリカの機関です。
AAFCOは、ドッグフードの基準を定めているだけであり、フードの認定や検査を行う機関ではありません。
そのため、パッケージに「AAFCO認定」と書かれていたとしても、メーカー独自の基準なだけであって、何らかの検査を受けたというわけではないのです。

2.AAFCO基準ってすごいの?

AAFCOのドッグフードの基準とは、このフードと水を与えていれば犬は生きていけるという「最低限」の基準です。
安心や健康までを保証するものではないのです。
日本のペットフードの表示に関する基準を定めている「ペットフード公正取引協議会」でも、AAFCOの基準を採用しています。
そのため、メーカーがドッグフードを作る時は、最低限この基準はクリアするように作ります。
つまり、AAFCO基準をクリアしているのは「当たり前」なのです。
そうなると、AAFCO基準のことを魅力的にアピールすればするほど、それ以外にウリがないのだと捉えることができますね。

3.AAFCO基準の罠

最低限であっても栄養基準を満たしているのなら問題はないのではないかと思えますが、実はそこが罠なのです。
AAFCO基準は栄養成分の基準について決められているだけであり、原材料にまで言及していないのです。
大げさに言えば「どんな悪質な材料を使っていても、数値さえ満たせば良い」というふうに考えることもできるのです。

AAFCO基準のこういう隙間を利用した悪質なドッグフードも多数存在します。
すなわち、合成添加物で栄養基準を満たし、到底食べ物とは思えない食品カスですら利用して、品質や安全性を無視したドッグフードが作られているのです。

AAFCO基準は、ドッグフードの最低限の栄養基準です。
基準を満たしているから安全というわけではなく、反対にAAFCOを全く気にしていないドッグフードでも安全なものはあります。
ドッグフードを購入する時は、「AAFCO基準」などの表記に惑わされず、しっかりと原材料を確認して選ぶようにしましょう。

ページのトップへ戻る