愛犬に適切なフードを選んで与えよう

ドッグフードの密閉容器

開封したドッグフードをそのまま放置しておくと、どんどん劣化してしまいます。
品質が悪くなるのを防ぐためには、密閉容器で保管しておくのがおすすめです。
そこで、ドッグフードの保存に便利なアイテム選びのポイントを伝授します。

1.開封済みのドッグフードはすぐに劣化する!

ドライタイプのドッグフードは賞味期限が長いことで知られていますが、一度開封すると賞味期限に関係なく、1ヶ月~1ヶ月半で食べきるのが理想です。
開封したドッグフードは酸素に触れるので、一気に酸化します。
またダニやカビの温床にもなりやすく、それを食べた犬がアレルギーになる恐れもあります。

そうならないためにも、小さいパッケージで買う、密閉で保管することが大切です。
しっかり密封できる袋に入れて冷暗所で保管できれば良いのですが、難しい場合にはドッグフードストッカーを使うと便利です。

2.おすすめのドッグフード密閉容器

ドッグフードを保管する時は、密閉や真空の状態にできるものならドッグフードの品質が維持できます。
犬グッズのメーカーはもちろん、キッチン用品のメーカーでも便利なアイテムを見つけることができます。
ここでは、使いやすさで選んだ密閉アイテムを4点ご紹介します。

(1)ドッグフード専用ストッカー

ドッグフードの袋がそのまま入れられる密閉ストッカーです。
大型犬や多頭飼いに嬉しい10kgまで入る大きいサイズもあります。
探すと意外と見付からない便利なスコップ付きです。
別売りの除湿剤も使うと、さらに安心ですね。

(2)ポップコンテナ

キッチン用品のメーカーのものなので、使い勝手が良く見た目もおしゃれです。
片手で簡単に密閉ができて、ドッグフードを常に新鮮に保つことができます。
いくつかのサイズ展開があります。

(3)ポップディズペンサー

インテリアにこだわる人にはスタイリッシュなデザインのものもありますよ。
ハンドルを回せば1回分ずつ出すことができます。
おしゃれなだけではなく、密閉性の高いフタ、分解して洗浄できる構造など、機能性も優れているのがポイントです。

(4)真空とシーラー

家庭で簡単に真空パックができる機械と袋です。
開封した時のままの鮮度がキープできるので安心です。
ドッグフードを使いやすい分量に小分けしておくと便利ですね。

ページのトップへ戻る