愛犬に適切なフードを選んで与えよう

ドッグフードの味

ドッグフードを食べたことはありますか。
ドッグフードは匂いのわりに、人間にとってはとても薄味に感じる味付けです。
ドッグフードの味は、はたして犬も分かっているのでしょうか。

人間は、舌にある味蕾(みらい)という細胞で、食べ物の味が分かるようになっています。
犬にもこの味蕾はあるのですが、人間の5分の1ほどしかありません。
特徴としては、甘味と酸味には敏感で、塩味はあまり分からないようです。
このように、犬の味覚は人間ほど敏感ではないと考えられていますが、まだ解明していない部分もたくさんあります。
しかし犬の嗅覚は非常に優れており、人間の100万倍以上も鋭敏といわれています。
犬は味よりも匂いで食べ物を判断しているようです。

また、ドッグフードは薄味で、人間にとって特別おいしいと感じるものではありません。
薄味にしているのには、主に2つの理由があります。

(1) 犬の味覚が敏感ではないため

犬が味に敏感ではないため、ドッグフードに関しては味付けにあまり重きを置いていないと考えられます。
それよりもおいしい香りを付けることで犬の食欲を刺激するように作られています。

(2)塩分を摂り過ぎないため

犬は塩分を感じるセンサーが弱いので、塩分を摂取しすぎても危機感を感じません。
しかも犬は人間の3分の1の塩分量で足りるといわれています。
それらの理由からドッグフードの塩分量は微量にしてあり、結果的に薄味につながっているのです。

犬のお菓子系のおやつは、主食のドッグフードに比べると味がしっかりついていることが多いです。
犬が甘味に敏感なためか、クッキーやボーロなどは甘い味がして人間用と変わらぬ味付けのものも少なくありません。
そのことからも、与え過ぎは犬の健康に良くないと察することができます。
ジャーキーや干し肉などは、味付けがあまりされていないようです。
その分、しっかりと犬が喜びそうな香り付けはされていたりします。

犬と人間とは味覚が違うのでおいしさの基準も異なりますが、いかにも美味しくないものを犬に与えるのは抵抗があるかもしれません。
ドッグフードでも人間が食べられる材料でできているものは薄味ながらもおいしかったりします。
愛犬に美味しいものを与えたい時には、そういうフードを選ぶと良いでしょう。

ページのトップへ戻る