愛犬に適切なフードを選んで与えよう

ドッグフードを残す時は変えた方がいい?

愛犬がドッグフードを食べ残すと心配になりますよね。
犬がドッグフードを残すのには様々な理由があります。
新しいドッグフードに変える前に、残す原因を考えてみましょう。

1.普段の食いつきと比べてどうなのか?が大切

犬によっては、どんなフードでも残さずにペロリと食べてしまう犬もいれば、食べたり食べなかったりと食べムラの多い犬もいます。
まずは愛犬がどのようなタイプなのかを知ることが重要です。
普段から食べムラの多い犬は、食べることにあまり執着がないので、これといった理由がなくても食べ残します。
普段はきれいに完食する犬が残している時の方が重大です。
もしかすると体調が悪いのかもしれないので、食事以外でも犬の様子を窺うようにしましょう。

2.犬がドッグフードを残す理由

犬がドッグフードを残すのは、様々な理由があります。

お腹が空いていない

1回の食事量が多過ぎるのかもしれません。
またはおやつを与え過ぎている可能性もあります。

ワガママ

愛犬に何とか食べて欲しくて、フードにトッピングしたり高級フードに変えたりすることもあるかもしれません。
すると、犬は「食べずにいたら美味しいものがもらえる」と認識してしまい、ドッグフードを残すようになります。
美味しいものが好きだというのは当然の欲求なので仕方ありませんが、ドッグフードを食べさせたいのであれば、あまり贅沢を覚えさせないほうが良いでしょう。

好き嫌い

味や香りが好きではない、フードの形状が食べにくいのかもしれません。
フードの粒が食べにくい場合は、ふやかして柔らかくすると食べる場合もあります。

劣化

ドッグフードの品質が悪くなっていることが原因かもしれません。
大きいパッケージのもの、高温で保管しているものは要注意です。

体調不良

犬も何となく体がだるい日もあれば、夏バテを起こしたりする時もあります。
犬の様子をよくみておきましょう。
元気がない、下痢や嘔吐をしている場合は、病気の可能性もあるので病院へ行くようにしましょう。

3.ドッグフードを変えるタイミングは?

元気な犬がドッグフードを残す時は、まずは下記の方法を試してみましょう。

・ドッグフードの量を減らす
・おやつを減らす
・食べなくても一定時間が来たら皿を片付ける

これらを行ってもまだ食べ残すという場合は、愛犬とドッグフードとの相性が良くないか、ドッグフード自体に問題があると考えられます。
新しいドッグフードを与えるときは、これまでのフードに少しずつ混ぜながら移行しましょう。
急に別のフードに変えるとお腹の調子が悪くなることもあります。

犬がドッグフードを食べ残してもすぐに変えるのではなく、分量を減らしたりして様子をみましょう。
中には体調が悪かったりアレルギーが出たりするケースもあります。
食いつきと同時に、便の様子もチェックしておきましょう。

ページのトップへ戻る