愛犬に適切なフードを選んで与えよう

有名なドッグフードは体にもいいのか

テレビCMや店頭で見るともなしに見て、記憶に残っている有名なドッグフードが誰しもひとつはあると思います。
これら知名度の高いドッグフードは、はたして犬の体にいいものなのでしょうか。
さっそくみていきましょう。

体にいいドッグフードの見極め方

それぞれのドッグフードが体にいいものかどうかは、原材料と値段を見れば分かります。

(1)原材料

犬の生命維持に一番必要なのは、動物性タンパク質です。
すなわち動物の肉類です。
これらを多く使っているフードなら犬の体にいいといえます。
原材料のトップがとうもろこしや小麦になっているドッグフードは、犬の体にいいとはいえません。
犬は穀物の消化が苦手なので、消化不良の原因になってしまうためです。
有名ドッグフードの中には、とうもろこしや小麦を多く使ったものが見られます。

(2)値段

私たちがスーパーなどで肉を買うと100gで100円ぐらいはかかるのに、ホームセンターなどで売っている有名ドッグフードには10kgで1000円以下と破格の安さのものがあります。
なぜそのようなことが可能なのでしょうか。
それは、ドッグフードに含まれる「肉類」は、私たち人間が食べる部分とは別の、低コストの肉であると考えられます。

高いものが必ずしも良いとは限りませんが、安いものには安いなりの理由があります。
原材料のコストを抑えれば、販売価格を下げることができます。
しかし同時に品質も下がるということを覚えておきましょう。

2.聞いたことがない原材料には注意

原材料をよく見てみると、聞いたことがない言葉を見かけることがあるはずです。
たとえば「コーングルテンミール」「肉副産物」「大豆エキス」などです。
基本的に、「〇〇ミール」「○○副産物」と付くものは、普通は食べない部分(動物の内臓や骨、野菜の皮、クズなど)を粉砕して混ぜたものであるといわれています。
いわば搾りカスのような部分なので、犬の体にいいとは考えにくいでしょう。

原材料の大半に、食物繊維・ミネラル・ビタミンなど、食べ物ではなく成分が並んでいる有名フードも多く存在します。
そもそも良質な肉や食材を用いていれば、ミネラルやビタミンなどはそこから摂取できます。
後付けでたくさん加えているということは、それだけ粗悪な肉類を使っている表れです。
注意しましょう。

3.きれいな色のフードって実は良くない?

有名ドッグフードには、緑や赤に着色したいろどりのよいフードがあります。
それらは全て添加物によって付けられたものです。
犬はドッグフードの見た目にこだわりませんので、着色する理由は飼い主の目を意識してのことです。
着色料は犬にとって百害あって一利なしです。

また、粗悪な原材料を使っているフードほど、添加物による香り付けを行います。
粗悪な材料は非常に悪臭なので、香りを付けないと売り物にならない上に犬も食べないからです。
原材料に穀物を多く使っているのにやけにいい香りがするものや、表面がオイル加工してあるドライフードは、人工的に香り付けをされている可能性が高いです。

犬の体にいいドッグフードを買いたいのであれば、知名度や値段、パッケージの宣伝文句に踊らされず、それぞれのフードの原材料をよく見て判断することが大切です。
一番大切なのは有名かどうかではなく、愛犬に合うかどうかです。
愛犬の体と舌が喜ぶものを選びましょう。

ページのトップへ戻る